ブログ

2016年9月19日 7時00分00秒 (Mon)

十のサービスを受けたら、十一を返す

小宮一慶氏の心に響く言葉より…


《十のサービスを受けたら、十一を返す。 その余分の一のプラスがなければ、社会は繁栄していかない。》(松下幸之助)


仕事というのは「創造」の世界です。

お客さまからいただいた対価以上の価値をお客さまが見いだしていけば、世の中がどんどんよくなっていきます。

そういった意味で、仕事をお引き受けしたら、「何を価値として対価以上のものをお客さまに差し上げられるか」を考えなくてはいけません。


これは会社全体でもそうですが、働いている人も一人ひとりが報酬以上の仕事をすれば、「創造」の世界にいることになります。

幸之助さんは、宇宙の原理について、専門家を交えて徹底的に考えられました。

その結果、宇宙万物を支える大きな理法にのっとり、人間が繁栄していくことを讃えています。


いただいたものを、さらに大きくして社会に返していくのが人間の役目であり、いつまでも続いていく人類全体の幸福でもあるということです。

十をもらって十返すだけだと、世の中はよくなっていかない。

十もらったら、十一。

十一もらったら十二を返す。

それを重ねていくことで少しずつ、世の中はよくなっていくというのが「生成発展」です。

相手の幸せが自分の幸せになっていくことを考えたら、自然と「生成発展」に行き着くはず。


成功したければ、もらった以上のものを奉仕する。

これで社会も自分も成長し、幸せになるのです。


一方、私の師匠、藤本幸邦老師は、

「十をあげたら十二欲しいと言う人には、八しかあげたくない。

でも八で結構ですという人には十二あげたくなる。

それが人情だ」

と説かれました。


差し上げるものは多く、もらうほうは、ほどほどの気持ちが大切ですね。


『松下幸之助 パワーワード ― 強いリーダーをつくる114の金言』主婦の友社





利他の人は、十もらったら、十一を返す人。

利己の人は、十もらったら、十一欲しいという。


自分の利益しか考えない利己の人は、更にもっともっと、と欲しがる。

そして、何かをもらっても、お返しはしない。

お礼のメール一本さえも。


しかし、他人を喜ばせようとする利他の人は、何かをもらったら、それ以上の何かを相手に与えることを考える。

相手の予測を上回ったサービスなり気くばりがあったとき、そこに感動というサプライズが生まれる。

たとえば、何かを頼んだとき、想像つかないほどそれを早くやってのける人。

レポートなど、一週間後の締め切りだと言われたら、次の日に提出するような人。


「十のサービスを受けたら、十一を返す」

あらゆる人間関係において、十のサービスを受けたら、十一を返している人は、いつか必ず成功する。


もらった以上のものを奉仕する人でありたい。

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

わたなべ治療室について

プロフィール画像
開設までの道のり
平成元年 国家資格取得後学生時代よりお世話になっていた整形外科に5年間勤務。
救急指定で手術、入院設備があり1日の来院患者数が500名を越える日も少なくない様な整形外科にて臨床経験(骨折、脱臼、捻挫等の外傷、病的な疾患、手術見学等)を積ませて頂き貴重な時間を与えて頂きました。またその間カイロプラクティック等の骨格矯正も勉強させて頂きました。
以後、専門学校講師の接骨院にて1年間勤務(午後は院長として)後
縁あって大田区萩中にて南蒲田整骨院を開設し25年間が経過しました。
H26年4月より従来の保険診療に加え根本治療と予防に特化した『わたなべ治療室』を開設致しました。

院長プロフィール
渡邉剛哉 年齢40代 O型 魚座
少年時代はサッカー少年 高校卒業後、休日はサーフィン三昧でした…今は沖に出る事を目標に肉体改造しようと思っている 夏大好き、海大好き人間です。
趣味 サッカー観戦(鹿島アントラーズのサポーターです) 旅行(宮古島、石垣島などの離島) 

ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード